FX・外貨積立と仮想通貨(ビットコイン)どっちが儲かる?

ビットコインのチャート

2018円5月に10万円だったビットコインも、今は5万円を切っています。

私もビットコインやアルトコインを保有しているので、中には損失が出ているものもあります。

ただ外貨預金や積立FXもやっているおかげでポートフォリオのリスクヘッジができています。

そんな状況でFX・外貨積立と仮想通貨について思うことをまとめます。

短期的に大きく儲かるのはやはり仮想通貨

2018年のビットコインのボラリティ(価格変動幅)は米ドルの約10倍でした。

ボラリティが大きいほどトレードで期待できる利益も大きいので、保有ではなく短期売買であれば仮想通貨の方が稼ぎやすいと思います。

その分もちろん損失リスクも大きいので、余っているお金でコツコツ利益を増やしたい方にはあまりオススメできません。

仮想通貨トレードのスワップポイントはマイナス

FXでおなじみのスワップポイント(金利差)はポジションによって、「買い」でもらって「売り」で支払います。

仮想通貨は法定通貨ではないので円との間に金利差は存在せず、そもそもスワップポイントはないと判断されることがあります。

実際にスワップポイントを用意していない取引所もあり、この場合は「レバレッジ手数料」という名目になります。

そして仮想通貨トレードのスワップポイントは原則として支払い(マイナススワップ)になります。

マイナススワップのレートは取引所によりますが大体1日0.04%なので、1年間で資金の14.6%(0.04%×365日)も支払うことになります。

そのため買いポジションでコツコツスワップ利益も狙う戦略は使えず、やはり短期戦略が向いているといえます。

積立FXはレバレッジを付けながら外貨預金ができる

FXでは日々トレードを行う必要がありますが、外貨預金は自動積立または好きな時に「買う・売る」だけです。

そのため私を含めて、こんな方にオススメです。

  • 毎日チャートを見ている暇はない、したくない。
  • 利益がでているとつい欲が出て、損切りできず損失が出る。
  • 円だけじゃ不安だから、余ったお金で外貨も持っておきたい

私は5つの理由でSBIFXの外貨積立「積立FX」をやっています。

  1. 手数料がとても安い(積立FXは0.05円、銀行は2円)
  2. 1ドルから買えていつでも売れる(外貨預金は1日1回のみ)
  3. スワップポイントで日々お小遣いももらえる
  4. 資金は全額信託保全で安心管理
  5. 最大3倍のレバレッジで大きな利益も狙える(外貨預金は1倍のみ)

(公式)積立FX

自分は「欲しい未来のためにどんなポートフォリオを組むか?」に集中して、あとはそれぞれ専門サービスに任せることで、自分の時間という最大の投資対象への効率を高めることができます。