南アフリカランド 両建て

南アフリカランドで両建てしています。

両建てとは?
買いスワップの高い業者+売りスワップの低い業者
金利差をプラスにする方法です。
(スワップポイント=通貨間の金利差)

【FX業者名・スプレッド・買い・売り】
FXプライム・3.0銭・70・-90
DMM.com証券・1.9銭・100・-100
マネーパートナーズ・1.9銭・90・-190
セントラル短資FX・1.9銭・110・-160
ライブスター証券・14.9銭・140・-160
SBIFXトレード・0.79〜1.79銭・140・-150
GMOクリック証券(くりっく365)・1.9銭・140・-150

南アフリカランドスワップポイントの業者比較です。
(2014年7月2日時点)

ここで注目するのが、

【買いの高値3社】

①買い=SBIFXトレード

②買い=GMOクリック証券

③買い=ライブスターFX

【売りの低値上位2社】

①売り=FXプライムbyGMO

②売り=DMM.com証券

です。

この買いと売りを両建てしてトレードすれば、

1日のスワップ利益=買いー売り
40円~50円/日の利益(10万通貨)

となります。

*スワップは変動しますので、
マイナスになるリスク、業者の入れ替え
は随時発生する可能性があります。

スワップポイント以外に、

・スプレッド
・約定力が高い
・スリップページがない
・レート更新のタイミングがインターバンクに近い

などのポイントもありますが、
上記の買い・売りの4社は問題ないかと思います。

では次に「資金はいくら用意したらよいのか?」です。

考え方のポイントは、
何円動いても耐えられるか?
だと思っています。

2014年7月現在のチャートを元に、
10万通貨でシミュレーションをしてみます。

始値 約9.5
2014年初来高値 約10
2014年初来安値 約8.9
(分かりやすいように小数点第二位四捨五入)

この場合想定年初来安値時の評価損は、

9.5円-8.9円=0.6円

となりますので、10万通貨の場合、
0.6円×10万通貨=6万円

が最低必要資金となります。

この場合実効レバレッジは、
95万円÷6万円=15.8倍
です。

レバレッジは個人的にそこまで意識していなくて、
直近のチャートからいくらくらいまで下がる可能性があり、

ここまで下がってもこれくらい入れておけば大丈夫

という考え方で資金を入金しています。

では実際に、
買いポジションと売りポジションを持ちます。

今回は、

買い=GMOクリック証券(くりっく365)(140)
売り=DMM.com証券(-100)

スワップポイント利益40円/日(前後)を取ります。

買いをGMOクリック証券にした理由は、

くりっく365取扱業者
=「3年間の損失繰越控除が可能

だからです。
(公式)GMOクリック証券

課税の優遇処置を受けることができます。
(くりっく365の公式サイトにも案内があります)

売りが一番低いのはFXプライム(-90)ですが、
DMM.com証券の方がスプレッドが狭いので今回採用しました。

(公式)FXプライムbyGMO

(公式)DMM.com証券

今回はスワップポジションなので、
スプレッド考慮せずにFXプライムで、
売りポジションを持つのも有効だと思います。

こちらが実際注文をした画面です。

買い=GMOクリック証券(くりっく365)
1Lot=10万通貨
入金資本=10万円
スクリーンショット 2014-07-13 1.59.20
(公式)GMOクリック証券

売り=DMM.com証券(-100)
1Lot=1万通貨
入金資本=10万円
スクリーンショット 2014-07-13 1.59.49
(公式)DMM.com証券

まずはスワップポジションとって、
毎日のプラスを確保しておいて、
同時にスキャルやデイトレもやっていこうと思います。

参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です